風水は中国の発症で、もともと皇帝家の墓を建てる際に、気の通る良い場所を決めるのに用いられていたそうです。気の通る場所に先祖を埋葬すると運気が上がると考えられていたようです。それから風水は皇帝の住む家や都市の計画に用いられるようになってようで、現代ではお墓ではなく住居の建築の際に用いられるようになりました。土地選びだけではなく、インテリアにも風水が使われるようになって、いまではヨーロッパやアメリカでも風水を使うようになったといわれています。家に自然の「気」を取り入れて運気を上げる、という考え方が一般的な風水という占いです。
« |

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« |