よく当たると評判の人気占い師をご紹介します。
日本で一番予約の取れない占い師と言われる森奈緒美さん。月に200人以上も鑑定をしているそうですよ。小さいころから不思議な体験があり、噂を聞いた人からの相談が絶えないため、占い師になったそうです。インターネットの予約が、受付開始からわずか10分で埋まってしまう人
溟白龍。めいはくりゅう。数多くの人々と出会う銀座のママから占術研究家に転身した溟白龍さん。断易から周易、算命学、姓名判断、手相などを用いた独自のスタイルで、恋愛相談や人生相談などの広いジャンルを占うそうです。相談者に勇気と癒しを与えるスタイルが評判で、ファンも
キセキの鑑定士といわれる花凛さんは、先祖代々神主の家に生まれたそうです。子供のころから人に見えないものが見えたり、人が考えていることが聞こえたり、と特別な能力を備えていたそうです。そうした能力に気が付き、コンプレックスを感じたこともあったようですが、思春期のこ
最後の陰陽師といわれる橋本京明さん。神官の家系で祖父が陰陽師だったそうです。小学2年生の頃から四柱推命などのいろんな占いを始めたとか。もともと神道なのに金峰山や比叡山などの仏教の修行もおさめたそうです。占いの的中率の高さが評判となってテレビの取材を受けて、全国
KEIKOさんはソウルメイトの研究家です。慶応義塾大学法学部から電通に入社したエリートですが、13年務めたのちにソウルメイトの研究に入ったとか。ソウルメイト・リーディングの第一人者イヴァルナ・カリンコワ氏のエージェントとして鑑定に携わるようになったそうです。そ
鏡リュウジさんは、占星術研究家として有名だけど、翻訳家、平成女学院大学の客員教授もやっている人。ICUの大学院を出てるインテリなんですね。10歳のころタロットをやり始めて占星術に興味を持ち、なんと16歳で雑誌にコラムを書き始めたとか。彼の占星術の特徴は、3つの
幻遙さんは、鑑定歴35年以上というベテラン鑑定士で、有名芸能人が年間契約をするほどの実力と人気があるそうです。これまでに数多くの芸能人を鑑定力で成功に導いたことから「芸能界の成功請負人」と言われているとか。おもな占術は、太霊法学、霊動数命学、九星気学、姓名学な
対面鑑定歴35年、のべ100万人を導いた「渋谷道玄坂の母」、清野芝香(せいの・しこう)先生。 円山花街と呼ばれた渋谷・道玄坂近くの神泉で、芸妓たちの悩みを聞き、助言を与えていたそうです。 恋に人生に迷う彼女たちの魂を救い、 多くの悩みを解決に導いた清野先生
斎木サヤカさんは、フォーチュン・カウンセラーであり、深層心理セラピストです。 斎木さんが得意とするのが「アカシックレコード・リーディング」。 アカシックレコードというのは、宇宙の歴史や地球の人類に生じた出来事がすべて記録された貯蔵庫のこと。
芸能界で話題になっている佐奈由紀子さんの「365日誕生日の暗号」が ついにスマートフォン専用占いに登場しました。 佐奈由紀子さんはバースデイサイエンス研究所の代表取締役。 「人気占い師」のカテゴリに無理やり入れてしまって、すみません。(汗)